つくばエクスプレス沿線の分譲情報をご案内しています

つくばエクスプレス沿線のまちづくり

乗り換えなしで通勤・通学ができる、都心に比べて低価格の土地でマイホームが手に入る!「つくばエクスプレス・茨城エリア」だからこそ実現できる、あれこれを紹介します。

まちづくりの博士が住みよさをズバリお答え こちら

物件価格シミュレーション こちら

私たち住みかえました

つくばに住みかえた幼稚園ママ5 人が大集合! 首都圏だけでなく九州や関西出身もいますが、つくばは転入・転出者が多いため、すぐに街や人になじむことができたとか。皆さん、それぞれの「つくばスタイル」を楽しんでいました。自然、教育、住まい、アクセスなど、“地元愛”たっぷりのコメントをチェックして。

つくばスタイル

つくばスタイルとは

つくばエクスプレス沿線・茨城エリアは、都市の利便性と豊かな自然、知的環境が共存する街。ここで自分なりのライフスタイルを築き、生活することを“つくばスタイル”と呼んでいます。

都内までの好アクセスが住みかえ選びのポイント

住みかえ先につくばを選んだ理由は「アクセスと教育環境」と話すのは、在住歴6年目のOさん。 「都内で働くパパが1時間以内で通えるから」というのは、大きなメリットだとか。つくば駅はつくばエクスプレスの始発駅なので、座って通勤することができます。また、都内の有名私立小学校に通う子どもの姿も多く見られます。

つくばに来て驚いたのは?の問いに、「パパの育児参加率が高いこと」と一同。公園で一緒に遊んだり、国や民間の研究機関に足を運んだり、休日はパパと子どもだけでお出かけする姿をよく見かけるそう。家族の絆が深まる街といえますね。

茨城エリアに住むママたちの「つくばスタイル」な暮らし

ママと子供にもオススメのスポットを紹介

O・Mさん(つくば在住7年目)

自然の中で、のびのび子育てライフ

月1ぐらいでキャンプに行ったり、夏休みは幼稚園のママ友家族とバーベキューすることもあるんですよ。公園も多いし、貸し農園をやっている人もいますね。都内ではなかなかできない体験をさせてあげられます。自然の中で子どもを育てたい人におすすめです。

豊里ゆかりの森

豊里ゆかりの森

バーベキュー場やキャンプ場などがあり、農業体験のイベントも随時開催。

住所
つくば市遠東676
TEL
029-847-5061
URL
http://www.tsukubaykr.jp/index.html

K・Rさん(つくば在住2年目)

おしゃれなカフェや買い物スポットも豊富

子どもが幼稚園にいる間はママ友とカフェでおしゃべり。おしゃれなお店が多いのはうれしいですね。お買い物はつくば市内だけでなく、電車で都内まで行くことも。1時間かからないので、子どもが幼稚園にいる間にショッピングを楽しみます。

豊里ゆかりの森

Blackboard(ブラックボード)つくば店」

カフェ併設のおしゃれなインテリアショップ

住所
つくば市手代木291-3
TEL
インテリア:029-896-8819
カフェ:029-896-8972
URL
https://www.karf.co.jp/blackboard/

豊里ゆかりの森

「MeeToco(ミートコ)」

筑波ハムの直売所をはじめ、お花、スイーツ、お煎餅、カフェなど個性的な7店舗が集結。

住所
つくば市学園の森3-21-1
TEL
029-886-8592
URL
http://meetoco.com/

O・Kさん(つくば在住6年目)

研究機関が多く、遊びながら学ぶ環境

小学生や中学生は夏休みになると、研究機関を見学しながらスタンプラリーをする「つくばちびっ子博士」に参加しています。施設の年間パスポートを購入して、雨の日に遊びに行くこともありますね。休日のおでかけ先がいっぱいあって、いろいろ使い分けています。

豊里ゆかりの森

地図と測量の科学館

地図と測量の歴史や仕組みなどを分かりやすく展示。床の地図は赤青メガネで立体に見えます。入場無料。

住所
つくば市北郷1、国土交通省国土地理院
TEL
029-864-1872
URL
http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/

豊里ゆかりの森

JAXA 筑波宇宙センター

展示館「スペースドーム」では、本物のロケットエンジンや、「きぼう」日本実験棟の実物大モデルを見ることができます。

住所
つくば市千現2-1-1
TEL
029-868-2023
URL
http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/

S・Fさん(つくば在住1年目)

ママの時間も大切にできるサポート

ママのための乳幼児学級があり、1年間同じ親子のペアで活動。隔週で相手の子どもを預かり、自分の子どもを見てもらっている週は講座に参加できるので、ちょっとした息抜きができてよかったです。子育てが一段落したOBママによるサポートもあり、女性の活躍の場が多いと思います。

みらい平コミュニティセンター

みらい平コミュニティセンター(写真右)

「みらい平コミュニティセンター」の図書館やプレイルーム(子育て支援室)は、親子の交流の場。イントも多数開催!

K・Eさん(つくば在住7年目)

多彩な保育&教育環境で選択の幅が広い!

外でどろんこ遊び、自主性を大事にするなど、幼稚園のカラーはさまざま。私立だけでなく、公立も教育レベルが高い!教育方針に合わせて選ぶことができるのは、恵まれているなと思います。国際色豊かな小学校も魅力!

吾妻幼稚園

吾妻幼稚園(写真上)

「吾妻幼稚園」は、伸び伸びとした環境で、子どもたちの創造力や社会性を養っています。

陽光台小学校

平成27年4月に開校した「陽光台小学校」。木材を活かした個性的なデザインの校舎が特徴です。